お受験とは?

What?

手作りが必要な入園グッズ、どうする?

幼稚園や保育園の入園時にはたくさんの準備が必要です。お子さまのためにも、もれがないようにしたいですよね。
特に手作りで準備が必要な道具については、頭を悩まされている保護者も多いのではないでしょうか。今回は手作りが必要な入園グッズの一覧を、手作りの際のポイントとあわせてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!


スモックは毎日着るものだから丈夫なものを!

主に遊びの時間に着ることになる「スモック」。毎日のように使い、汚れてしまうことも多いため、繰り返しの洗濯に耐えられるような生地や糸を選ぶようにしましょう。
また、子どもの成長に合わせて作り直すことをおすすめします。3歳児くらいの小さなお子さまでまだうまくボタンが扱えない場合は、面ファスナーで前を止められるようにしたり、頭からかぶって着られるようなタイプにしたりする方がよいでしょう。



手作りが必要なものも多い!お弁当、給食関係

お弁当や給食の際に使う道具を入れる袋などは、手作りが必要な場合が多いです。以下でひとつずつ見ていきましょう。

◆弁当袋
お弁当のある園の場合は弁当袋が必要です。特にサイズの指定はないことが多いようです。弁当箱の色やデザインと合うような布を選んであげるとよいでしょう。

◆コップ入れ・歯ブラシ入れ
歯ブラシやプラスチックのコップを入れる巾着タイプの袋が必要になります。縦20センチ・横15センチ程度で作れば、コップも歯ブラシも両方入る袋を作れるため便利です。

◆箸入れ・カトラリー入れ
給食のある園において、自分専用の箸・スプーン・フォークを準備する必要がある場合は、それらの道具を入れる袋が必要です。必要十分なサイズの巾着袋を作りましょう。コップ・歯ブラシ入れや弁当袋と同じ布でそろえられればベストです。

◆手拭きタオル
手洗いの際に使用する手拭きタオルは、園ではバーにかけておく必要があるため、角のひとつに“わっか状”のひもを縫いつけましょう。


持ち運びのしやすいものを。手提げ袋類

通園の際、通園バッグに入らないものを入れるための袋類を用意しましょう。

◆手提げ袋
「レッスンバッグ」や「絵本袋」、「お道具袋」などと呼ばれる場合もあります。絵本や遊びの時間に作った工作作品などを入れる袋です。サイズは横30センチ・縦25センチ程度が目安ですが、園によっては大きさの指定があることもあるため注意しましょう。生地はキルティングがおすすめです。

◆シューズケース
「上履き袋」などと呼ばれることもあります。園から自宅に上靴を持って帰るときに使う袋です。巾着タイプにしたり、面ファスナーでふたを開閉できたりするものですと、お子さまが使いやすいでしょう。
園によってはサイズやデザインの指定があることがあるため確認が必要です。


お昼寝用のシーツはサイズも確認しよう

幼稚園の場合は不要ですが、保育園に通う場合は、お昼寝の際に必要なシーツなどを作る必要があることがあります。
保育園でサイズの指定がある場合が多いため、作る前に確認しておくようにしましょう。大きさの目安は長さ130~140センチ、幅70センチの布団が入る程度です。市販のシーツを利用して作る方法がおすすめです。なお洗濯のことも考え、掛け布団・敷布団・枕カバーあわせて2組程度準備しておくと安心できるでしょう。


手作りが苦手な場合はオーダーも手

手作りする時間がなかったり、手作りが苦手だったりという場合には、業者にオーダーするという方法も手です。手芸店やインターネットの専門店で注文できます。入園の時期が近づくと注文が込み合うため、できるだけ早くオーダーしておきましょう。
ただし、園によっては「必ず手作りでお願いします」と言われることもあるようです。その点も必ず確認しておきましょう。
手作りする場合も焦ることがないよう、入園説明会などで指定のサイズがはっきりしたらできるだけ早く一連の道具を準備しましょう。自分だけの新しい入園グッズを手渡されれば、お子さまもきっと喜ぶはずですよ!

ベネッセ 教育情報サイト 2017.2.4

  • 2015/7/17
    ★お受験にかかる費用は総額いくらくらいかかるの?★

    <幼児教室の費用>
    お受験のための幼児教室に年中、年長と2年間ほど通われる方が多いと思います。
    中には年少から通う方もいらっしゃいます。

    有名大手の幼児教室は、毎月約5万円のお月謝。
    それ以外に年に4〜5回実施される模擬テスト代金、春・夏・冬期に行われる講習会。
    直前対策、志望校別の講座があります。

    一般的には個人でされている幼児教室の方が大手と比べるとまだ安いです。
    それでも毎月2〜3万、週に2回通うとなると4万はします。

    他にも家庭学習用の教材費用もいりますね。

    <そのほかの費用>
    お受験にかかる費用の大部分は幼児教室の費用が占めますが、他にお受験グッズの費用も結構します。
    子ども本人のお受験スーツはもちろんのこと、母親のお受験スーツ、バッグ、スリッパまで必要になります。

    そして願書の写真です。
    本人だけの写真で良い場合もありますが、お受験する学校によっては家族全員の写真が必要となることもあります。
    小さい子どもの証明写真をスピード証明写真機でうまく撮れるとは到底思えないので、写真館での撮影になるのが一般的だと思います。
    写真館での撮影費用も決して安くはないですね。

    あとは受験料も忘れてはいけません。
    せっかくここまで時間をかけて頑張ってきたのだからと複数の学校をお受験するとまたさらに費用がかさみます。

    合格をいただいた後は入学金、授業料が必要になるので早い時期から資金計画を立てておくことが本当に大切になってきますね。

    出典: 幼稚園・小学校お受験対策ブログ
  • 2015/7/16
    ★子供の小学校受験に向けて準備しておきたい“洋服”の選び方★          

    <行動観察の服>
    お受験では面接だけではなく、行動観察も考査にはいります。

    そのときの服装としては、子どもの動きやすさと快適さが第一に大切です。面接用から着替えるときのためにも、脱ぎ着しやすい格好がいいでしょう。

    基本のアイテムとしては

    ・白の半袖ポロシャツ
    ・ベスト
    ・グレーや紺のズボン(男の子)
    ・キュロットかオーバーパンツ(女の子)

    これらが相応でしょう。子どもが本来の姿を見せられるよう、面接時よりは少しだけカジュアルでもokです。

    出典: パピマミ
  • 2015/7/11
    ★子供の小学校受験に向けて準備しておきたい“洋服”の選び方1★

    <面接時の服>
    面接のときはとにかく清潔感が大切です。そして志望校のカラーに合わせた服装だと好感が持たれるでしょう。

    女の子は

    ・ブラウス
    ・ジャンパースカート
    ・ボレロ
    ・アンサンブル
    ・ワンピース

    これらを準備しておきましょう。

    男の子は

    ・ポロシャツ
    ・ベスト
    ・半ズボン
    ・スーツ
    ・ジャケット
    ・ワイシャツ

    これらの準備を。

    靴下は男女共に白、アンサンブルやスーツは紺が基本です。

    服装だけでなく、髪型も男女共に清潔感を心がけましょう。

    以上、面接・行動観察の服装について書いてきましたが、お受験は1日だけではなく、学校訪問や学校行事など、そのときによって必要なアイテムが出てくるものです。また、どんな天気でも対応できるようにしっかりと準備しておきましょう。

    これからのお受験、どうぞお力が最大限発揮できますように。

    出典: パピマミ
お受験グッズ専門サイト
東京都港区白金5-54-201